赤本って何?

まずは、赤本というのは何かをご説明します。
赤本とは、大学受験に使用する過去問題集のこと。

教学社から出版しているのもので、表紙が赤いために赤本と呼ばれています。
大学受験を控えている人にとっては必須のアイテムということは間違いありません。

大学によって分かれて発行されているので、自分の目指す学校のものを購入することが出来ますよ。

買取の申し込みをしたい場合は、まず必要なことを記入した申し込みフォームを送信します。そして、売りたい学習参考書を宅配便で送ります。

手元に段ボール箱がない場合は、無料でもらうこともできますよ。そして、送った後は、査定と支払いを待ちましょう。簡単な手続きなので、初めて本を売るという人でも気軽に利用できますね。

では、学参プラザを実際に利用した人は、学参プラザについてどのような感想を持っているのでしょうか。利用したことのある皆さんの口コミを見ていきたいと思います。

又、繁忙期には、査定が出るまでに1週間くらいかかってしまうこともあるようです。これについて、「遅い」と感じている人も少なくありません。

HPには「3日以内に査定を出します」と書かれているので、不安に感じてしまう人も多いのかもしれませんね。なので、本を送って3日経っても連絡がない場合は、こちらから確認を入れてみた方が良いでしょう。勉強し過ぎの脳疲れには、これがおすすめ!ヒュウガトウキ